コーヒー片手に、日々の何気ないことをつづった日記であります。


by the-sahara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お片づけ

思えば、子供の頃から片づけが苦手だった。
それは今も変わっていなくて、捨てるのも苦手だし、整理整頓も苦手だ。
増える一方のモノ。
それに対して、定まらないモノの住所。
何とかせねば、とは常に思い続けている。

そんな私が時々、貪るように読むのが、数々のお片づけ本である。
読んだ後は、決まったようにお片づけ熱が出て、憑かれたように片づけを始め、またやめる、と何度そのパターンを繰り返してきただろう。
でも、一向に減らないモノ、とりわけ本に頭を悩ませ、また新たなお片づけ本を読んだのだった。
それが、『人生がときめく片づけの魔法』だった。

藁にもすがる思いで、というのだろうか。
書いてある通りにやってみようと決めた。
胸がときめく本、好きな本しか並んでいない本棚を、手に入れてみたいのだ。

今、スチールラックが3つと、それに収められていない本があちこちにあるのを確認している。
とりあえず、すべての本を床に並べるところから片づけが始まった。
床が本で埋め尽くされるまで、時間はかからなかった。
悲鳴を上げるのは、腰だけではなかった。
こんなあったのか……!!
どうみても本棚4つ分くらいの本が存在している。
誰だ、増やしたやつは! お前だよ! と突っ込みながら、しばし山の前に佇んでしまった。

ようやく床に並べたところで、次は手元に残す本を選んでいく。
胸がときめく本。好きな本。
それを基準に残していくのだがそれがなかなか難しい。
気づくと雑念が邪魔をする。集中しきれていないのを感じる。
それでも何とか選び終えて、本棚に再び収める。
本棚は3つ。
それでも、ずいぶん棚が空いて、すっきりした印象。

残さないと決めた本は売ることにしたので、梱包をして、先ほど集荷依頼をしたところである。
その数10箱。
一体何冊の本を送り出すのか、結果が楽しみである。
今までありがとう。

本を減らしたせいか、頭がすっきりしたのを感じる。
まだ、減らせる気がするなあ。
お気に入りの本しか並んでいない本棚を、必ず手に入れる。
そう決心するのだった。
[PR]
# by the-sahara | 2013-09-21 14:04 | 日常のひとこま

東の空に、少しだけ欠けた月が見える。

ぐっと地球に近づいた月は、大きくて、明るくて、洗濯物を干しながら、何度も眺めてしまう。
きれいだなあ、と思う。

今日の月でも、まわりの雲が輝くくらい明るいのだから、23日のスーパームーンは、もっと明るかったのだろう。
残念ながら、分厚い雲に隠れて見えなかった満月。
でも、やっと会えたねえ、と心の中で呟く。

プラネタリウムに出かけた日から、もうすぐひと月。
あの日以来、宇宙の本を手にすることが多くなった。
子供の本から、大人の本まで。階段をのぼるように、少しずつ読み進めている。 わくわくして星座の本を読んでいた、子供の頃を思い出す。こんなに面白い世界を、どうして忘れていられたのだろう。

いつか洋書でも、読めるようになりたい。学べるようになりたい。
だから今は、日本語で、知識を集めているところ。
[PR]
# by the-sahara | 2013-06-26 23:18
前回、オーストラリアの夜空を眺めたのはいつだっただろう。
過去の日記を読み返すと、2008年4月。
ストレスフルな毎日、とある。

全然変わってないな、と苦笑しつつ、ストレスを抱え込んだ私は、久しぶりにプラネタリウムを訪ねることにした。プログラムは、『南十字星と石炭袋』である。
平日ということもあり、ゆっくりと館内をめぐる。
上映まで時間があったので、気になりつつも読む機会がなかった『宇宙兄弟』を読みながら、開場を待っていた。

11時、開場。
解説員の方が静かに解説台に上って、準備を始める。
もうすぐ53歳の誕生日を迎えるプラネタリウムを見ながら、娘もいつかここに来るのだなあと思うと、何とも不思議な気持ちになる。母から、娘まで。親子三代にわたって、同じように空を見上げることになるのだなあ。
場内がうす暗くなり始め、いよいよ上映が始まる。

プラネタリウムに来る度に、思い出すことがある。
全国にあるカール・ツァイス社のプラネタリウムをめぐってみたいということだ。
日本国内だけでなく、世界のプラネタリウムを訪ねていけたら最高だと思う。

そんなことを考えながら、明石からオーストラリアの夜空へ。
北極星に別れを告げて、南十字星と対面する。
ああ、いつか、本当の夜空で見つけてみたいものだ。
せめて石垣島へ行こうと、どんどんたまっていく行きたいところのリストに、石垣島を加えておく。
50分の上映時間はあっという間で、解説員の方の声(とてもいい声だった)と、穏やかな口調にすっかり癒されて、明石の夜空に戻ってきたのだった。
安心して身を委ねておけるのってすごいなあ。

プラネタリウムから出てくると、「全国カールツァイス・プラネタリウム巡り」なる企画が来年の春まで実施されていることを知る。
何というタイミング。
福岡と旭川が遠いなあと思いつつ、何とか巡れないだろうかと考えている自分がいる。
考えるだけでも、楽しい。

大きな映画館はないけれど、近くにプラネタリウムがあって良かった。
本当に贅沢なことだと思う。
さあまた、頑張れそうだ。
[PR]
# by the-sahara | 2013-06-01 12:52

お待ちしておりました

地元には、スクリーンが1つしかない、昔ながらの映画館がある。
小さい頃、映画ドラえもんといえば、この映画館で観たものだった。

ここは、ドラえもんなど一部の映画を除いて、封切りがとても遅い。見逃してしまった作品を見かけることもよくある。

だから、実は密かに期待していた。
もしかしたら、上映されないかと思って、映画館の前を通るときには、必ず上映スケジュールを確認するようにしていた。

来ない。やっぱり来ないかな。DVDになるのを待つしかないのかな。
そう思い始めた頃、また映画館の前を通りかかった。
スケジュールに目を向ける。
1回、2回。思わず2回確認してから、小さくガッツポーズをしてしまった。

レ・ミゼラブル。
ずっと観たかった映画。
2週間だけの上映だから、忘れないようにカレンダーにメモしておこう。
まだ3か月くらいあるから、原作も読んでみたいと思う。

ああ、嬉しいなあ。
[PR]
# by the-sahara | 2013-03-30 00:47

続・あんまん

c0042246_1753354.jpg

やっぱりこうでなくっちゃね♪
[PR]
# by the-sahara | 2013-03-28 17:53

ミステリー

c0042246_17435765.jpg

まさか、あんまんがしぼむなんて……。

しょんぼり。

でも、味は、いつものおいしいあんまんだった。
[PR]
# by the-sahara | 2013-03-18 17:43
疲れた体と心にしみる。

ひと匙口にするだけで、元気が出てくるなあ。
明日も頑張ろう。
[PR]
# by the-sahara | 2013-02-28 23:39

2012→2013

ほぼ日手帳を使い始めてから、早いもので2週間が過ぎた。

1年間、何とか書き続けてきた育児日記。ここで終わりにしようかとも考えたけど、あと少し、少なくとも保育園に行くまでは続けることに決めた。

1週間1ページでも書くことがなくて、なかなか使いこなせない手帳。
そんな人間が、1日1ページなんて、書けるわけがない。一体、何を書けばいいのだろう。圧倒的な余白を前に、途方に暮れてしまいそうだ。
そう思って、ずっと避けてきたほぼ日手帳。
でも、24時間体制でお世話の記録をつけるようになって、180度考え方が変わった。

24時間の時間軸も、膨大な余白も、まさにうってつけ。
今は、離乳食のメニューや、毎日の様子を書き込むくらいだけど、写真を貼ってみたいとか、読んだ本の記録をしてみたいとか、少しずつしてみたいことが増えてきている。
純粋に楽しいと思う。

駆け抜けた1年。
これから始まる1年が、手帳に書ききれないくらい、楽しい時間になることを願いながら、2012年を見送りたい。
[PR]
# by the-sahara | 2012-12-31 23:57

1歳

誕生日おめでとう!

「すくすく」という言葉の通りに、毎日毎日成長していく姿に、驚くばかり。
見違えるくらいに、大きくなったね。

ありがとう。

これからも、元気にすくすく育ちますように!
[PR]
# by the-sahara | 2012-11-25 23:40

0歳

ついに、0歳最後の日を迎えた。

振り返れば、あっという間だったな、と思う。
もう一年も経つんだなあ。
泣くだけだった娘が、よちよち歩くようになるなんて。

右も左もわからない毎日。
家族に支えられて、今日までやってくることができた。
本当に本当に、感謝。
[PR]
# by the-sahara | 2012-11-24 22:31