コーヒー片手に、日々の何気ないことをつづった日記であります。


by the-sahara
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:日常のひとこま( 139 )

引越しました

引越しを終え、繁忙期を乗り越えて、気づけば春(というか初夏)。

今日からまた、ぼちぼちと更新してみようと思います。
[PR]
by the-sahara | 2014-05-04 18:18 | 日常のひとこま

鐘の音をききながら

今年最後の日記を書き終えた。
ほぼ日手帳の最後のページ、12月31日の育児日記である。
毎日1ページ、休むことなく今日まで書き続けられたことは、ひとつの自信につながった。
もうまもなく、新たなほぼ日手帳が開かれる。

あっという間に、ここまできたなあと思う。
家族をはじめ、たくさんの人々に支えられてここまで来ることができた。
本当に感謝。

「ありがとう」で締めくくることができて、とても嬉しい。
とてもとても、良い一年だった。
来年も笑顔で一年過ごせますように。


皆様、よいお年をお迎えください。
[PR]
by the-sahara | 2013-12-31 23:30 | 日常のひとこま

自信と期待と

プレゼントは準備できた。あとはもう渡すだけだ!
そうなったら、すぐにでも贈りたいと思うのは、自分だけだと思っていた。
しかし、何だかんだ言いながら、みんな堪えているのだと知ったのは、つい最近のこと。

それは、娘の誕生日のことだった。
今年は、家族みんなで1つのものを贈るのではなくて、それぞれが用意して贈ることに
していた。
だから、何を準備しているのかは聞いていたけど、当日まで実物を見ることはなかった。

ケーキを食べて、さあプレゼントを渡そう!となったときの家族の顔。
「自分のプレゼントが一番だ!」という自信。
「喜んでくれるかなあ、楽しみだなあ」という期待。
満面の笑顔から、そんな気持ちが伝わってきて、楽しくなってしまった。
みんな、同じなんだな、と自分も笑顔になる。
誰かに何かを贈るのって、どうしてこんなに楽しいのだろう。

今、今月誕生日を迎える友人へのプレゼントが手元にある。
まだ包装をしていないのだけど、できたら待ち遠しくなるんだろうな。
喜んでくれると嬉しい。

宅配便にお任せのプレゼントだけど、本当は手渡しできたらいいのに。
遠く離れた友人たちの顔を思い浮かべながら、そう思う。
[PR]
by the-sahara | 2013-12-07 20:45 | 日常のひとこま

ないものねだり

例えば、発売日当日に、本が手に入ること。
今まで、それは当たり前のことなのだと思っていた。
でも、それは間違いだったと思い知らされる今日この頃。

大きな書店を失うって、こんなに辛いことなのだなあ。

娘の誕生日プレゼントの本を買うために、あちこちの本屋を訪ね歩いたときに、
そう感じた。
「ない」ということが標準。
いまだに、慣れない自分がいる。

思えば、自分で自分の本を買えるようになってから、大きな本屋がいつも側に
あった。
それは、家の近くとは限らなくて、通勤通学の途中だったりもしたけれど、いつ
でもふらりと立ち寄ることができた。
こんなに長い間、すぐに行けない、というのは初めてのことなのだ。

どれだけ好きなんだ。
でも、さびしい。さびしくてたまらない。
しかし、耐えるしかないのだなあ。うーむ。
[PR]
by the-sahara | 2013-12-07 19:10 | 日常のひとこま

頭が軽い

うん、やっぱり軽い。
いらないファイルを削除したみたい。

片づけって、すごいなあ。
ちょっと前まで、何かを考えるのも億劫だったのに。

3つも日記を書けるとは、思わなかったなあ。
[PR]
by the-sahara | 2013-09-21 18:48 | 日常のひとこま

お片づけ

思えば、子供の頃から片づけが苦手だった。
それは今も変わっていなくて、捨てるのも苦手だし、整理整頓も苦手だ。
増える一方のモノ。
それに対して、定まらないモノの住所。
何とかせねば、とは常に思い続けている。

そんな私が時々、貪るように読むのが、数々のお片づけ本である。
読んだ後は、決まったようにお片づけ熱が出て、憑かれたように片づけを始め、またやめる、と何度そのパターンを繰り返してきただろう。
でも、一向に減らないモノ、とりわけ本に頭を悩ませ、また新たなお片づけ本を読んだのだった。
それが、『人生がときめく片づけの魔法』だった。

藁にもすがる思いで、というのだろうか。
書いてある通りにやってみようと決めた。
胸がときめく本、好きな本しか並んでいない本棚を、手に入れてみたいのだ。

今、スチールラックが3つと、それに収められていない本があちこちにあるのを確認している。
とりあえず、すべての本を床に並べるところから片づけが始まった。
床が本で埋め尽くされるまで、時間はかからなかった。
悲鳴を上げるのは、腰だけではなかった。
こんなあったのか……!!
どうみても本棚4つ分くらいの本が存在している。
誰だ、増やしたやつは! お前だよ! と突っ込みながら、しばし山の前に佇んでしまった。

ようやく床に並べたところで、次は手元に残す本を選んでいく。
胸がときめく本。好きな本。
それを基準に残していくのだがそれがなかなか難しい。
気づくと雑念が邪魔をする。集中しきれていないのを感じる。
それでも何とか選び終えて、本棚に再び収める。
本棚は3つ。
それでも、ずいぶん棚が空いて、すっきりした印象。

残さないと決めた本は売ることにしたので、梱包をして、先ほど集荷依頼をしたところである。
その数10箱。
一体何冊の本を送り出すのか、結果が楽しみである。
今までありがとう。

本を減らしたせいか、頭がすっきりしたのを感じる。
まだ、減らせる気がするなあ。
お気に入りの本しか並んでいない本棚を、必ず手に入れる。
そう決心するのだった。
[PR]
by the-sahara | 2013-09-21 14:04 | 日常のひとこま

ヒビ、ハイル

あと数日で誕生日。
何の問題もなく過ぎていくと思われた、20代最後の一週間に事件は起きた。

生まれて初めての骨折。
といっても、右手の小指に少しひびが入っただけなのだけど、不便で仕方ない。
今となっては、右手をどれだけ粗末に扱ってきたかがよく分かる。
体が自由に動くのは、当たり前のことじゃないんだと思い知る。

完全に固定するわけじゃないので、完治までは少し時間がかかりそうだけど、
無理せず、治していこうと思う。
しかし、整形外科の待ち時間にびっくりした。
3時間待ちとか、4時間待ちという声が、あちらこちらから聞こえてきて、思わず
持参した本の残りページを確認してしまった。
結局2時間程度ですんだけれど、読書タイムと割り切って、次も何冊か本を用意して
いくつもりである。

自分の不注意が招いたけが。
けがをしたことは、家族にも迷惑をかけるし、決して喜ばしいことではない。
でも、おかげで、焦ってちゃかちゃかと動き回っていた自分に、ブレーキをかけることが
できた。
もう少しだけ、ゆっくりと。
当たり前にみえる動作を、丁寧に。
そんなことを心がけて、いよいよ来る30代を、迎えたいと思う。
[PR]
by the-sahara | 2012-08-20 16:35 | 日常のひとこま

指輪

小さな指輪を贈ろうと決めた。
子供が大人になったときに、プレゼントできるように。

しかし、20年かあ。
あっという間に過ぎ去るのかもしれないけど、今はまだ、その時間の長さにため息が出る。

問題は、20年間、その指輪を大事にしまっておけるかどうかである。
私は、準備したプレゼントはできるだけ早く贈りたい、つまり待てない性質なので、
その日が来るのをうずうずしながら待つことになるだろうな。
もちろん、楽しみではあるけれども。

京都まで作りに行きたいところだけど、それは難しいので、とりあえず神戸にある支店を
覗いてみようと思う。
結婚指輪を作ったときには、ペンダントヘッドとして、小さな指輪を買うつもりでいたけど、
誰かに贈ろうと考えるようになるとは想像もしなかったなあ。

 
[PR]
by the-sahara | 2011-12-25 16:47 | 日常のひとこま
今からちょうど一か月前。
11月25日の明け方に、女の子を出産しました。

あっという間の一ヶ月。
まだまだ初めてのことばかりで、手探りの毎日。

初めて同士、息が合うのに時間がかかるのは当たり前。
つい焦ったり、不安になることも多いけれども、うまく力を抜きながら、
一緒に成長していきたいと思います。
[PR]
by the-sahara | 2011-12-25 16:20 | 日常のひとこま

どこにいったんだろう?

街を歩けば、おいしそうなチョコレートに出会う季節。
2月は、いつもの月よりも少しだけ、チョコレートを口にする機会が多いような気がする。

昔から好きなお菓子の一つに、東ハトのハーベストがある。
少し力を加えれば、簡単に割れてしまうほど薄いビスケットで、セサミかショコラを好んで食べていた。
最近は、ショコラを買い置きしておくことが多くて、完全になくなってしまう前に買い足すことが多かった。控え目な甘さで、ついもう一つ、と手が伸びてしまうのである。

そろそろ少なくなってきたからと、ハーベストショコラの調達に出かける。
しかし、スーパーのいつもの棚をのぞくと、そこには影も形もなかった。
単なる売り切れなのか?
いや、棚には、ショコラのスペース自体がなくなっている。
まさか、このままなくなってしまうのだろうか。

一抹の不安を抱えながら、いくつかのスーパーをまわってみたが、今のところ見つけられずにいる。
リニューアルだといいな。
また、買えますように!
[PR]
by the-sahara | 2011-02-13 16:49 | 日常のひとこま